「 インタビュー_ルミネtheよしもと 」一覧

7月20日に単独ライブを開催する横澤夏子へインタビュー!「今までの集大成にしたい」と意気込みを語る!!

7月20日(金)、東京・ルミネtheよしもとにて、横澤夏子が単独ライブ『出版ガール』を開催いたします!

自身の28回目の誕生日&入籍して1年と、記念すべき日に開催を決めた横澤夏子へインタビューを敢行。仕事の中でいちばん好きだと語る単独ライブへの意気込みはもちろん、「今回で一旦、単独ライブを落ち着かせたい」と語る真意に迫りました。
20180704213403-aee4b4849606a5f045f1d953f90ac975e9ed06d5.jpg
 *  *  *  *  *  *

――28回目の誕生日、そして入籍から1年経つ7月20日に単独ライブを開催されるわけですが。

「あぁ、入籍のことまでありがとうございます! そのことは特に意識してないんですけど(笑)、誕生日に単独をやるのは成長した気持ちを持って歳を重ねたいなと思ったからなんです。毎年、1年が始まる1月と新学期が始まる4月に決意表明してるんですけど、7月ってなんだかすごくダレる感覚がありません? 年末になると、また来年がんばろうって思えるんですけど、夏って目標を決意できる機会がないので、単独をやって新たな決意を持とうという思いもありました。何より、誕生日に何かしら記念に残ることをやるのが好きなんですよね(笑)」

――1年に何度も決意表明する辺り、計画性のある横澤さんらしいです(笑)。

「仕事の中でいちばん好きなのが、単独ライブなんです。もちろん準備は大変ですけど、終わったあとは"やってよかった、またやろう"って前向きな気持ちになれるし、誕生日に単独をやると次の歳へのいいスタートが切れる気がしてます」
20180704213242-74084f83dd27c261636208fe59df3b633bef32ba.jpg
――どんな単独ライブになりそうですか。

「今回も、出会いたてホヤホヤの女の人たちを見せる発表会のような感じになるのかなと。今はまだ構想段階ではあるんですけど(注:インタビューは6月中旬に行われた)、いつもやってる『横澤夏コレクション』では私がこの半年で出会ったいろんな女性をファッションショーみたい発表しつつ、新たに細かいネタもいろいろとやりたいなぁと考えてます。あと、今までやったキャラクターの成長した様子も見せられたらいいなと。例えばOLネタだったら少し違うランクに進んでいるとか、自分の年齢と一緒に歳を重ねた女性像をお見せしたいですね。とにかく、今後に残るネタをたくさんやりたいなと思ってます」

――20代になりたての頃と今、チョイスする題材に変化は感じますか?

「感じます、感じます。昔の何冊かあるネタ帳を見返すと、"すごく低レベルなことでイライラしてたじゃん!"とか"私、こういう人が許せるようになったんだな"とかわかってすごく面白いんです。例えば、前は(大勢がいる中で)動かない女の子がすごく苦手だったんですけど、今は動かないほうが得してるんじゃないかと思ったりもしますし、動かないのをわざわざ見つけて怒ってるほうが性格悪いんじゃないかって考えたりもするんです。今回のネタも達観している人は、"あぁ、こんなところでイライラするなんて、横澤夏子はまだまだお子さまね!"って思うかもしれないですけど、それが今の私なので楽しんでもらえたら。もし毎回観に来てくれている方がいるなら、"横澤夏子って成長したじゃん。そこにイラつかないで、ここを面白がれたんだ"って思ってもらえたら嬉しいですね」

――テレビの仕事が増えると、一般の人と触れる機会って少なくなるような気がします。芸人さんの中にはネタ探しのために街へわざわざ出る方もいるみたいですけど、横澤さんはどうですか?

「地元の友人や一緒に遊ぶ仲間は変わらないですし、みんなが覆面調査員のようにいろんなネタを常に提供してくれるので(笑)、そんなに以前と変化はないかもしれないです。確かに、仕事で出会う人は偏ってしまうところもあるかもしれないですけど、ロケに行くといろんな人に出会えるから面白くて。私、今回の単独で本当は『代々木公園でバドミントンのラリーが10回続かない女』っていうのをやりたかったんです。いざネタを作って作家さんに見せたら『面白くない!』って言われてボツになっちゃったんですけど(笑)、それも代々木公園でロケに行った時に公園にいる人を観て"あの人いいなぁ"って思ったところから思い浮かんだものだったんですよね。あと、ロケでトレンドのお店に行かせてもらうこともあるじゃないですか。食べ物のお店に行った時に"あぁ、こういう人が並んでるんだな"とか"みなさん、並びながらずっとおしゃべりしてるんだな"とか感じたことと、自分が実際かき氷か何かを食べるために友達と並んだ経験を混ぜて、前回の単独で『ローストビーフに並んでる女』っていうネタを作りました(笑)。だから、相変わらずネタに困ることはないですね」
20180704213304-bef5d0d7bebf4a5960cf90f10c577e782217ccda.jpg
――女性への興味も尽きることはないですか?

「尽きないですねぇ。だから、さっき話したように半年間で出会った女たちを発表するネタづくしの単独をお届けする予定なんですけど、実は今回で単独ライブはちょっとお休みしようかなと思ってるんです。だからと言って海外留学するわけでもないんですけど(笑)、インプットするために一区切りしたいなと思ってるんです」

――あぁ、そうなんですか!!

「そうなんです〜。で、次は違う単独のかたちをお見せしたいなと考えているので、今回の単独ライブはネタづくしにして、今までの集大成を観ていただきく予定です!」

――今後、例えばどんなことをやってみたいんですか?

「私、今までの単独でお客さんに書いてもらったアンケートをすべて、保管してるんです。そこにはみなさんが気になる女性たちがたくさん書かれているので、そういう女性たちをネタにするライブもやってみたいですし、オフ会みたいに20人くらいのお客さんの話を聞くトークライブも興味があります。もちろん、単独ライブは大好きなので、気が変わってまたネタだけのライブもやろうと突然、思うこともあるかもしれないです」

――それを聞いて、ちょっと安心しました。では、これまでの集大成となる今回の単独ライブ。どんな方に観に来ていただきたいですか?

「私の単独ライブを観に来てくださる方は、性格悪いと思うんですよ。ふふふ! だって、わざわざ横澤夏子で検索して、ライブの情報をチェックしてくれて、チケットを買ってくださってるわけじゃないですか。本当にありがたいですし、来てくれて嬉しいので、そういう方々があぁ、スッキリした! 成仏成仏!と思ってもらえるような単独にしたいですね。で、私のネタに出て来たような人と現実に出会った時に、"あぁ、横澤夏子が言ってたわ。デジャヴだわぁ。免疫できててよかった!"と思ってもらえたら嬉しいなと思うので、人間関係でモヤモヤしている人はぜひ観に来ていただきたいです。で、アンケートに『こんな人がいるんです』って教えてもらいたいです」

――女心を知ってもらうために、男性にもぜひ足を運んでもらいたいですよね。

「そうですね。私のネタを観てわかる女心なんて、男性にとっては知りたくないイヤな部分かもしれないですけどね(笑)。最近、男性のお客さんも増えてるんです。私のネタで笑ってくれていると、"あぁ、男性も気づいてるんだ"ってわかって嬉しいので、大きめの女子会に紛れ込んだくらいの気持ちで観に来てほしいですね。とにかく今回は女の私が作った女の塊が詰まったネタづくしの単独です! ぜひみなさん、観に来てください!」
20180704213340-f196063159dedb94e692127e8f8ea2d4d82cc8e4.jpg


【横澤夏子】


舞台『幼児・小学生・戦隊ファン向け 夏休み企画「ももたろう」』を立ち上げたNON STYLE・石田明へインタビュー!

7月23日(月)より、東京・ルミネtheよしもとにて、NON STYLE・石田明作・演出による舞台『幼児・小学生・戦隊ファン向け 夏休み企画「ももたろう」』が上演されることになりました。

誰もが知っている昔話『桃太郎』にコメディ要素とアクション要素をたっぷりと加えた本作、幼児・小学生・戦隊ファン......もちろん全世代が楽しめるカッコよくて面白いヒーローショーとなっています。
今回は作・演出、そしてももたろう役を演じる石田に、本作の制作に至ったいきさつ、舞台の観どころ、演出家としての面白さなど、さまざまに語ってもらいました。
20180601220853-177c429824c020c98e3a7282c0a1616ab8877daf.jpg
 *  *  *  *  *  *

――本作を立ち上げた経緯をまず聞かせていただけますか。

「お笑いってお子さん連れ歓迎と言っている割に、そんな雰囲気ないよなっていうのがありまして。舞台を観に行くのが好きやったうちの奥さんも、子供が産まれてからは中々行きにくくなってしまったらしいんですよ。ヒーローショーを楽しんでいるお母さん方もいるでしょうけど、子供たちが夢中になっている間の休憩みたいなところもあるやろうし、ストレス発散まではなってないやろうなと思って、お子さんも楽しめてお母さん方のストレス発散にもなるような舞台を夏休み限定でもできたらいいなと思ったんです。で、どの時間がいいのかをいろいろと考えたんですけど、昼間はやること多いし、夕方なんか家を出ていけるかい!って話じゃないですか。なので、午前中にやることにしました」

――昔話の『桃太郎』を題材に選んだのは?

「誰もが知っている物語で、集中しなくても話についていけるというのが重要かなと。公演中、赤ちゃんがぐわ~んと泣き叫ぶ中でもついていけるでしょうし、途中からでも(ストーリーに)戻ってこられることが大事やなと思って選んだんです。『桃太郎』にはいないキャラクターが出て来たりするんですけど、流れは変わらないですし、ホームページには絵本を乗せて、流れを予習してきてもらうこともできるようにしていて。女の子が好きな要素として川村真洋さんにも出てもらいますし、ヒーロー戦隊という男の子の好きな要素もある。で、お笑いっていうみなさんで共有できる要素ももちろんあるので、いろんな角度から楽しんでもらえる舞台になっているんじゃないかなと思いますね。あと、初恋タロー・こうすけに主題歌を作詞作曲してもらって歌ってもらったんですけど、ついつい口ずさみたくなるような曲なので、ぜひチェックして観に来てもらえたら嬉しいです」

――今回、本格的なアクションもあるそうで。

「そうなんです。お母さん方に楽しんでもらいたい、子供たちにかっこいいと思ってもらいたいというのがあるので、締めるところは締めようということで、今、必死に殺陣の練習をしてます。練習用に買った竹光を家で振っていると、嫁と双子がぽかーんと観てますよ(笑)。お子さんを飽きさせない演出としては、子供が好きなものもふんだんに盛り込んでいく予定です。もちろん、いろんな世代の方に観に来ていただきたいんですけど、お子さま連れをターゲットにしている辺りを了承していただければ。いつもより騒がしいライブになってしまうかもしれないですけど、その状況も楽しんでもらえたらありがたいです」

――出演者も、石田さんが声を掛けられたんですよね。

「仲のいい人、動ける信頼できる人に出てもらうことになりました。いぬ役の小澤くんは『海洋戦隊ゴーカイジャー』でレッドをやっていた人で、シアターGロッソで中に入った経験もあるんです。僕が演出した『ダンガンロンパ THE STAGE』に出てもらって以来、仲よくしていて、一緒に呑んでいる時に『やってよ』って言ったら『石田さんが言うならやるよ』って快諾してくれて。『オレ、中もやったことあるしね』って言うから『じゃあ、やってくれる?』ってお願いしたら、ほんまにやってくれることになったんです。さる役のこうすけときじ役の赤羽は変身するとプロのスーツアクターに変わるんですけど、小澤くんは自分自身。プロフェッショナルなスーツアクター2人と並ぶことになるので、今回のために体を作り直すって言うてくれました。あと、御茶ノ水男子・しいはしジャスタウェイとカートヤングさんのようにちゃんと動けるメンバーを揃え、グランジ・五明は鬼っぽさで選びました(笑)。ウエスPは鬼役ですけど、世界に匹敵する芸を見せるシーンもあります。みんな、楽しみにしてくれてますよ。最初に声をかけた時は『ありがとうございまーす』くらいの軽い感じやったんですけど、今朝会ったときにいろいろと見せたら『なんか......すごいですねぇ』って言うてくれました」
20180601220751-2289412653acd1ac1863d5259db7004232e46d61.jpg
――石田さんは外部の舞台にも出られていますが、他ジャンルの方々との交流によって舞台をつくる際の着想に広がりも出て来るんじゃないですか。

「どんどん広がっている感じはしますね。舞台をつくるときもそうですけど、例えば映画を書くときにも"この人、出てくれるかな"とか思いながら書くことはありますね。仲がいい役者が増えると舞台を観に行く機会も多くなりますし、観ていたらこういう演出家さんおんねや、こういうやり方面白いな、こんなことしはんねやとか驚きがあって、色々と自分の中で貯蓄が増えていくんです。今回、殺陣をお願いした殺陣師さんも、この前つかこうへいさんの舞台『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』に出たときに教えていただいた方なんですよ」

――いろんな演出家の方の演出を身を以て体験することも勉強になるんでしょうね。

「勉強になってますねぇ。僕って表面っぽく演出することが多いというか。それがお笑いの良さやったりするんですけど、表面じゃないところでの見せ方とかかっこいい演出が得意じゃないんです。けど、2.5次元の舞台然り、つかさんの舞台とかもかっこいい。今回は照明の限度もあったりするんですけど、相談できる方も増えていることもかなりプラスになってますね。また、演じるという点ではこの前の『火花~Ghost of the Novelist〜』なんかはわかりやすいですけど、自分とは真逆の人格を演じられるのは面白いですよね。あとねぇ、僕が何より言いたいのは、生ものって面白いよっていうこと。僕が初めて生で観たのは、シェイクダウンさん(お~い!久馬と後藤秀樹のコンビ)の漫才で。"こんな面白い仕事があんのか!"と衝撃を受けて、芸人を目指すようになったんです。で、実際やってみたら難しいからこそ、編集できないからこそ、舞台って面白いんやなと感じました。今回だって、これだけ公演をやっても一度も同じものがない訳じゃないですか。それが、舞台のよさですよね。お客さんそれぞれが勝手にズームしてくれたり、引きで観てくれたりするのも楽しいところやなと思ってます」

――"よしもと むかしばなしシリーズ"と銘打たれていますが、今後いろいろと展開していく予定なんですか。

「そうですね。ももたろうをしっかりとつくったので、今後いろんなところでやりたいなと思ってはいます。正直言うと、今回の公演日数だけでは余裕で赤字なんですよ(笑)。けど、お金儲けでやってるわけじゃない。夏休みにご家族でいい思い出をつくってもらうためにやっていることですし、こういう新しい試みを行なうことで、お笑いそしてルミネという劇場でやれることの間口が広がればと思いますし、子供たちにはお母さんの笑っているところを観てもらいたい。子育ての中ではどうしても厳しい顔になってしまうことが多いと思うんですけど、お母さんの笑顔を観れば"舞台とかお笑いってステキなんやな"とちっちゃいながらに思ってくれるんじゃないかなと。なので、家族全員で観に来ていただければ。赤ちゃんが泣いている声も公演のBGMやと思ってますので、気軽に足を運んでもらえたら嬉しいです!」
20180601220816-042e8031a704de8b58e4ba3083c4746360efa326.jpg
20180601220833-588b3b1f6b1ba491f9e8d8e1a5c021a15306e940.jpg

【石田明】【NON STYLE】


『KOK キングオブコドウグ~小道具ネタNo.1決定戦~』を主催するチョコレートプラネットへインタビュー! 長田「ゆくゆくは賞レースにしたい」と意気込む!!

6月15日(金)、東京・ルミネtheよしもとにて『チョコレートプラネット presents「KOK キングオブコドウグ~小道具ネタNo.1決定戦~」』が開催されます。

こちらのライブは、小道具ネタを持つ厳選された芸人10組がそれぞれ珠玉の小道具ネタを披露し、No.1を決定するというもの。ライブを開催するに至った経緯や小道具への熱い思いなど、主催者であるチョコレートプラネットにインタビューを敢行しました。

20180524184818-865fd74d79099e8237540355836b888b6a10d30a.jpg
(向かって左:長田庄平/右:松尾駿)

 *  *  *  *  *  *

――今回のライブは、どういう経緯で開催に至ったんですか。

長田 漫才、歌ネタ、リズムネタとかいろんなジャンルがある中で、小道具もジャンル化されていいんじゃないかなと考えたんですよね。僕ら、NSCの頃から小道具を使っていろいろとネタをやってきましたし、小道具芸人を集めてイベントやりたいなと思っていたところ、今回、ルミネの劇場からオファーをもらったので、せっかくの機会を活かして小道具コント芸人のNo.1を決めるライブをやってみようと思いました。僕ら自身、2014年の『キングオブコント』でポテチのコントを披露してからフィーチャーされて、いろんなところからお声がけをいただくようにもなって。その辺りから小道具づくりの魅力っていうか、コントと小道具の関係性に惹かれていったんですよね。

――ちょっとトーンが......かなり真剣な感じですね。

松尾 ふふっ、どういう立場の人だろ?って思いますよねぇ。

――(笑)松尾さんはどうですか?

松尾 僕はなーんも思ってないです!
長田 ふざけんなっ!
松尾 (笑)相方がつくる小道具って、どんどんクオリティが上がってきてるんですよね。そのすごさを、僕はいちばん間近で観て来た分、ほかの人のつくっているものを観てもある程度、どんなものかわかるんですよ。例えば、段ボールをガッチガチにテープで巻いてたりすると、ちょっとなぁとか。
長田 ディテールだよね?
松尾 そう! 長田はすごく器用で、普通の人のレベルがマックス10だとしたら、15くらいあって。僕も普通の人よりできるんですけど、超器用な相方がいるからやってないだけなんです。
長田 確かに、松尾はいちばん信用できる補佐です。
松尾 もっと言うと、僕がいちばんの小道具だと思ってるんですよ。長田さんのね?
長田 いやいや、まずつくってないから(笑)。哲学的な感じになっちゃってるけど大丈夫? タモリさんの赤塚不二夫さんへの手紙みたいな感じ? え、そんなカッコいい感じになっちゃう?
松尾 ふふふ......とにかく楽しみですね。

――出演者は強者ぞろいですけれど、どうやって選ばれたんですか。

長田 No.1を決めるにあたって、クオリティの高い小道具コントをしているなと思った人を集めたというか。僕が小道具を観て、"うわぁ、これいいな"とか"よくこんなのつくれたな"と惹かれる人達をブッキングしました。
松尾 関西からクロスバー(直撃)さんが来てくれたり、雑味の強いインポッシブルさんがいたりだとか多種多様ですよね。ジグザグジギーだけ、大丈夫なのか?っていう気持ちがありますけど(笑)。
長田 彼らは、単純に僕らが好きだから無理やり入れました。
松尾 他の人は小道具があるかどうかを聞いてから出て欲しいと頼んでるんですけど、ジグザグジギーだけ聞かずに勝手にオファーしまして。
長田 一応あるのは知ってたんですけど、自分でつくっているのかわからなくて。一応、自分たちでつくってるかどうかも審査対象にはなるんですけど、プロデュースもアリかなと。まぁ、ジグザグジギーに関しては「なかったら、つくって」くらいの気持ちです。
松尾 「なんでもかんでも呼ぶの、やめてくださいよぉ」って言ってましたけどね(笑)。
長田 そこはしょうがない。俺らに好かれたジグザグジギーが悪いっすね!

――そんななか、いちばん強敵だなと思っているのは?

長田 やっぱりクロスバーさんですね。小道具と作品をいくつか観させてもらってるんですけど、バランスがめちゃくちゃいいし、クオリティもすごくて一目置いてます。まぁ、みなさん、奇想天外な小道具をつくってくる手強い方々なので、負けられないっすね。......めちゃくちゃ面白そうなコンテンツなんですけど、客観的に考えるとメンバーが渋すぎる!
松尾 お客さん全員、野郎なんじゃないかっていうくらいのメンツだよね。女の人こないんじゃない?
長田 そうなんですよねぇ。8.6秒バズーカーとかフースーヤみたいにポップな小道具芸人が現れてくれれば嬉しいんですけど。
松尾 ミキが小道具つくってくれればねぇ?
長田 面白いね。今、ツアーをやってるんですけど、いろんな動きをするドクロのサンパチマイクをつくったので、それで漫才師の人達にネタをやってもらえたら。ツアーではもちろん僕らがやってるんですけど、ガチンコの漫才師がやっていたら面白いですよね。
松尾 あぁ、面白い! 和牛さんとかやってくれたらうれしい。
長田 僕らがつくった小道具でネタをやってもらうみたいなイベントもできたらいいですね。

――面白そうです。そちらの開催も期待してます! ところで、No.1はどうやって決定するんですか。

松尾 ぶつけ合って最後まで頑丈だったものが勝ちとか?
長田 頑丈バトルじゃねぇし! まぁ、本来は小道具とコントのバランス、クオリティなどを審査員にジャッジしてもらおうかなと思ってたんですけど、審査員を捜すのが難しいなと。以前、大宮ラクーンよしもと劇場でプロットライブをやらせてもらったんですけど、その時は木に打ち込んであるネジを各々が抜いて、いちばん長いネジだった人が勝ちっていう......(笑)。それはちょっと茶番みたいになってしまったんですけど、今回も小道具に特化したかたちで決めたいなと思っています。

――なんのネタをやるかは、もう決めてるんですか。

長田 今、絞り込んでいるところです。周りの人のネタとのバランスもあるから、何をするか決めるのが難しくて。
松尾 当日の楽屋が楽しみですね。小道具ネタやってる人って、小道具が本番前に急に動かなくなることがあるから、直前まで調整してる。言ったら、ロボコンと一緒ですよ。
長田 本番で動かなくて、楽屋で泣いてる......とかあるよな(笑)。
松尾 泣くよねぇ~。僕らも単独ライブでつくった小道具が動かなかったことがあったです。僕はしょうがないなぁっていうくらいだったんですけど、長田がライブの合間ずっと半田ごてで直してるのを観て"この人、何やってんだ?"って思いました。
長田 僕らは小道具がうまく動いてくれるかどうかが重要なので、動かないのがいちばん怖い。今回のライブでは、こういうあるあるトークもしたいなと思ってます。

――幸い、ルミネtheよしもとから東急ハンズは近いですから。

長田 東急ハンズが近くにあると、本当に安心する。何かあれば、すぐに行けますからね。よしもとの劇場は比較的、必要なお店が近くにあるので割と安心ですね。
松尾 最悪でも100均があればね。
長田 そう。なんとか応急処置はできますから。

――自ら小道具をつくることができるメリットや強みって、どんなところにあると思いますか。

長田 自分達が思い描いていた動きができる物がつくれるということですね。細部にまでこだわって追究してつくれる分、ジレンマがない。つくってもらうと、どこかが違ったりするんですよ。それ、わかる?
松尾 うん、わかる。衣装とかもそうなんですけど、"オレらが求めてたのは普通のブラックじゃなくて、マットブラックだったんだよなぁ。光沢のない感じがよかったんだけど、言い方が悪かったのかな"って思うことがある。けど、そういうのが......。
長田 全くない。ほかの人にはわからないところかもしれないですけど、僕らとしては(笑いの)伝わり方が違ってくるのでこだわりたいところなんです。例えば、ポテチのコントで出て来るクリーナーのスピードはめちゃくちゃこだわりました。あれはモーターを1からつくったんですけど、ギアを変えてどれがいいか、相方に何回も聞きましたね。
松尾 「ちょっと観てもらっていい?」って、モーターのスピードを。ウィン!がいいのか、ウィ~~ン!がいいのかを「どっちがいい?」って......、さすがに僕もちょっとわからないこだわりだったんですけど(笑)。
長田 ふははは! 早すぎるより遅いほうが面白いと思ったので、あのスピードになりました。

――今後、このイベントに関して展望は考えてるんですか。

長田 ゆくゆくは『キングオブコント』と並ぶ(コントの)賞レースにしたいなというのがありますよね。ただ、ニーズがないというか、小道具芸人がまだまだ少ない。今回いろいろと調べたんですよ。僕らが知らないコンビはいるんでしょうけど、知名度がある人の中では少なくて。野性爆弾さん、もっと言えばくっきーさんが小道具界のパイオニアだと思ってるんで、時間が合えばいつか出ていただけるとすげぇありがたいですね。とにかく、今回開催することで、小道具をやってる芸人に光が当たればいいなと。
松尾 大事な1回目。出演してくれる人達も、この記事を読むと思うんですけど......。当日はいっちばん気合いの入った小道具を持って来て欲しいですね。
長田 そうやな。で、できれば東急ハンズさんやmakitaさんにスポンサーになってもらいたい。賞金もでっかい規模で出せるようになれば、小道具芸人の幅ももっと広がるのかなと。
松尾 ポスターのいちばん下に、あの東急ハンズのマークが入ってるとかね。
長田 トロフィーも、あの手のかたち。面白そうなので、実現させられたらいいですね。
20180524184753-9894cc63a9d57554afcd8a7246c11c34c779b848.jpg


【チョコレートプラネット】


Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com